スタッフの声

大工に憧れ、設計に触れ、
最終的には現場がいちばん。

施工/叶内 祥太/2018年入社/山形

叔父が大工でした。たまに祖父母に連れられて叔父の仕事場に行くと、カンナをひいている姿がかっこいいんです。それで、自分も大工になりたいと思いました。中学生の頃だと思います。それがちょっとずつ年を追うごとに変化していって、高校生になると「設計の仕事がしたい」と思うようになりました。それで建築を学べる大学に入学しました。ゼミでは地質調査とか地盤の強さとか建物の振動とか、そういうことを研究していました。大学3年の頃、アルバイトとして設計事務所に入りました。そこで図面を引いたり、模型をつくったり、という仕事をしました。やっているうちに気づいたのは、「設計って向いてないかも」ってことでした。ひとりで黙々と考えて図面を引くのって、苦手だったみたいです。

それで、「自分が好きなのは設計ではなく、現場だ」と思い、施工へと方向転換して就職活動しました。地元志向だったので、山形のいくつかの建築系の会社の説明会を受けましたが、そのなかでウンノハウスに決めたのは人事担当の方の人柄が素晴らしいと思えたことと、もともと大工に憧れていた自分にとっては商業施設よりも住宅をつくる仕事がいいと思ったからです。

いまはまだ2年目なので、まだまだ知識もあまりありません。だから、現場に行っては元気を出して挨拶して、わからないことがあれば進んで職人さんに教えてもらうことで、自分の知識をどんどんと増やしていくのが楽しいです。怒られることはたまにありますけど、つらいことはないです。ようやく少しずつ業務がわかってきたので、これからの課題は、業務のスピードを上げて行くことです。TODOリストをつくって、業務を順序立てて、どんどんと仕事をこなしていきたいです。

施工
叶内 祥太
2018年入社
山形

採用情報|スタッフの声採用情報|スタッフの声

キャリア採用キャリア採用